スポーツ

日米大学野球代表候補者発表 ~加藤、佐藤が選出

 6月5日、日米大学野球選手権の代表候補者50名が発表され、東京六大学野球連盟からは11名が選ばれた。慶大からは加藤幹典投手、佐藤翔外野手が選出された。日本代表の最終選考は6月22日から3日間、神奈川県の平塚球場等で行われる合宿を通じて行う。選考合宿は主に試合形式で進められる予定であり、合宿終了日の翌日25日に代表22人が発表される。

 東京六大学野球連盟から選出された候補者は以下の通り―加藤幹典投手、佐藤翔外野手(以上慶大)斎藤佑樹投手、細山田武史捕手、上本博紀内野手、田中幸長外野手、松本啓二朗外野手(以上早大)、大澤裕介内野手、和泉将太内野手(以上法大)、久米勇紀投手、古川祐樹投手(以上明大)。

 また、加藤投手は8月に開催される北京オリンピックプレ大会の日本1次登録選手にも選出された。この大会には、東京六大学野球連盟から久米勇紀投手(明大)も選ばれている。

関連記事

  1. 野球部 女性主務が誕生 六大学リーグで歴代初
  2. 「何かのために野球をする」 日台大学軟式野球親善大会代表 菰田純…
  3. ボクシング部櫻井~ミドル級1位獲得
  4. 早稲田戦一回戦~慶大打線 宮本を打ち崩せず
  5. [東京六大学野球レポート]早大戦・Enjoy Baseball
  6. 【サッカー】2017年度後期総評 勝てない連鎖が続いた1年 チー…
  7. ソチ五輪、世界選手権で活躍 フィギュアスケートペア 髙橋成美さん…
  8. 関東大学サッカー 後期リーグ戦開幕 初戦は逆転で白星発進
PAGE TOP