体育会ウォッチャー ~庭球部・器械体操部などの大会結果を紹介

野球部 春季新人戦初戦敗退
 1、2年生が出場する東京六大学野球春季新人戦が、リーグ戦終了後の5日から7日にかけて行われた。慶大は1回戦で立大と対戦し、延長10回、立大・渡辺にサヨナラ満塁本塁打を打たれ、2―6で敗退した。
 なお、明大が4季ぶり29回目の優勝を果たした。
 
 
庭球部 会田が個人優勝・ダブルスも2位
 平成19年度関東学生テニストーナメント大会が開催され、男子シングルスで会田翔(総1)が優勝した。また、男子ダブルスでは、会田・喜多文明(環1)ペアが準優勝を果たした。
 会田は、8月8日~18日までにタイで行われるユニバーシアード競技大会の日本代表選手にも内定している。
 
 
自動車部 団体準優勝・相田が3位
 5月26日、千葉県浅間台スポーツランドにおいて、平成19年度全関東学生ジムカーナ選手権大会が開催された。
 塾自動車部は団体で1位の中大に0秒31差の3分7秒98で準優勝を果たし、個人では相田英亮(理4)が1位に0秒34差の3位に入賞した。

▼個人記録
3位・相田英亮1分00秒41、10位・小柴信一郎1分02秒、23位・瀬古貴之59秒96
 
 
器械体操部 トランポリン計4種目で金
 第40回東日本学生トランポリン選手権大会が5月13日に行われ、器械体操部は金メダル4つを含む、計7つのメダルを獲得した。金メダル獲得種目は、大学別対抗戦、シンクロAクラス、個人Bクラス(以上男子の部)、個人Cクラス(以上女子の部)の4種。
 
 
競走部 リレー入賞・横田は4位
 関東学生陸上競技選手権が5月12日から19日にかけて行われた。男子800mで横田真人(総2)が4位入賞、男子4×100mリレーで中山裕康(理4)、熊本貴史(総1)、後藤乃毅(総1)、小堀進也(環4)が6位入賞を果たした。