報道

08年度プログラムの成果報告 創立150年記念 未来先導基金 塾生も発表に参加

5月17日、創立150年記念未来先導基金の2008年度公募プログラム報告会が三田キャンパス北館ホールで行われた。報告会では2008年度実施の全24プログラムのうち11プログラムの活動成果が発表された。また14日から20日にかけては三田キャンパス北館ホワイエで全24プログラムの掲示のみによる発表が行われた。
17日の報告会では各プログラムの代表者である教職員のほか、実際の活動に取り組んだ塾生も発表に参加した。発表者は体験の感想も交えつつ、事業の成果と今後の課題を説明した。
未来先導基金は創立150年記念事業募金での寄付金の一部を原資とするもので、2006年2月に創設された。工藤教和常任理事は「総額33億円を目標とする塾内最大の基金」と説明している。
2008年度には同基金により、大学での国際交流や一貫教育校での新しい教育活動など、24件の公募プログラムが実施された。
今年度は19件の公募プログラムが採択され、現在活動している。

関連記事

  1. 看・経・医で出題ミス 一般入試 入学センターが謝罪
  2. 絶縁体に電気信号伝達 省エネ技術への応用に期待
  3. 春日文子氏が講演 多角的な視点をもつ大切さを説く
  4. 定年退職の教員~38名発表される
  5. 《塾生代表選挙2019》候補者インタビュー① 前田稔
  6. 塾生が大麻所持で逮捕~再発防止訴えるも効果なく
  7. 2016年度文学部公開講座 文学部の多様性と可能性を「体感」する…
  8. RU11緊急声明 学術研究の継続性を提言 大学の組織基盤強化が必…







PAGE TOP