報道

ウィンターコンサート 矢上で奏でられる音楽

矢上祭実行委員の1年生主催のWinter Concert 2017が先月15日、矢上キャンパス内カフェテリア ラ・ポワールで開催された。コンサートには塾生やその家族、地元住民など幅広い年代の人が集まった。
 
演奏は矢上キャンパスに隣接する矢上小学校の放課後キッズクラブと塾内の音楽団体6団体によって行われた。矢上小学校放課後キッズクラブはハンドベルでクリスマスソングを奏で、途中ベルの演奏を間違えるハプニングがありつつも、観客達に笑顔を届けた。
 
そのほか、フルート六重奏、アカペラ、ピアノの演奏も行われた。音楽団体k-celtによるケルト音楽というアイルランドの音楽や、ラテンアメリカ音楽研究会によるアンデス山脈付近の音楽フォルクローレなど、日本ではあまりなじみのない音楽も披露された。
 
クリスマスの気配を間近に感じながら、客席は音楽の温かさに包まれた。

関連記事

  1. 塾生がBLS表彰受ける~心配停止の男性を救助
  2. モバイル広告大賞~塾生らグループ入賞
  3. 長谷山新塾長インタビュー 伝統を守りつつ進化を
  4. 義塾図書館、グーグルと連携~蔵書デジタル化して公開
  5. 電子書籍利用実験 貸出分析結果を報告
  6. MBAの価値を検証 四大ビジネススクール集結
  7. 1年間の成果を発表 アカスキコンペティション開催
  8. 皮膚炎メカニズム解明 自己免疫疾患治療に期待
PAGE TOP