報道

慶早戦、ひよ裏 電子辞書に塾生用語収録

創立150年塾生スタッフが、慶應義塾の6キャンパスで今使われている塾生達の用語を調査し、約250語の「塾生用語集」にまとめた。
この「塾生用語集」を収録した電子辞書・慶應義塾大学モデル(セイコー電子辞書SL901X)を2009年4月から慶應生協で販売している。
「塾生」「社中」「慶早戦」などの定番用語の他、各キャンパス独自の用語(「ひよ裏」「ヤガマー」「カモル」など)約250語を収録。なお、本用語集は電子辞書のコンテンツの一つであり、冊子の販売は予定していない。
勿論、大学での高度な授業に対応した大辞典などのコンテンツや、TOEICやTOEFL関連などの社会人に向けてのコンテンツも収録している。
また、第二外国語はコンテンツカード(別売り)で追加も可能だ。

関連記事

  1. 医学部が研究所と協定を締結
  2. 「やる気スイッチ」の可能性 慶大准教授ら、意欲に関わる脳細胞を特…
  3. S.A.L.主催プロジェクト 日本とカンボジアの架け橋に
  4. 水上運動会でボート体験 端艇部員が塾生と交流
  5. 教養と演劇の共通点を探る 教養研究センター基盤研究講演会開催
  6. 第18回矢上祭 ロボットカフェも出展
  7. 9大学学長が共同声明 公的投資の拡大を訴える
  8. 合格率約50.4%で1位
PAGE TOP