体操部川尻 W杯で7位に

 トランポリンのワールドカップシリーズ第5戦・フランダースカップは四月二十九日、ベルギーのゲントで行われ、女子シンクロナイズドで当塾体育会・器械体操部所属の川尻名緒選手(総3)と、阪南大・広田遥選手の日本代表ペアが7位入賞を果たした。総合得点は43・50点だった。川尻は、04年のインドパシフィック選手権で優勝して以来の国際大会入賞。なお、優勝は46・70点、イギリス代表のムーア、ライト組。