慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel : 03-3454-7966

Fax: 03-6435-2573

六大学野球 打線爆発 リーグ制覇へ  六大学史上初の3連発も

六大学野球秋季開幕カードの立大戦を勝ち越しで飾り、幸先のいいスタートを切った慶大。続く法大戦、東大戦でも勝ち星をあげ暫定で首位に立った。破壊力を増す打線の中でもプロ注目の横尾(総4)、谷田(商4)のコンビがともに第5号本塁打に到達するなど大活躍。好調のスタメン組はもちろん、岩見(総2)や山本瑛(商3)、清水翔(総2)らもそれぞれの機会で持ち味を発揮し、厚い選手層を見せつけた。
(安田直人)

東大第1戦、本塁打を放ち笑顔がこぼれる谷田(写真左)
東大第1戦、本塁打を放ち笑顔がこぼれる谷田(写真左)


連勝街道を進めるか

春に連敗を喫した法大に借りを返したい慶大は三宮(商4)が先発。躍動感のフォームで法大打線を沈黙させる。2回表には自らのバットで先制。山本泰(環4)の本塁打を含む打線の援護もあり4回表までに5点のリードを奪う。しかし4回裏にホームランを浴びると5回裏にはさらに2点を追加され、嫌なムードが漂う。


これを払拭したのは7回表、2死ながら2、3塁のチャンスを作ると打席には代打・岩見。自身初となる本塁打はレフトスタンドに突き刺さる値千金の3ランとなった。さらに続く代打・山本瑛も本塁打。9―3として勝利を決定づけた。その裏からは加藤拓(政3)がリリーフ。法大打線を封じ込めてまず先勝した。

連勝で優勝へ近づきたい慶大は加嶋(商4)を先発のマウンドに送る。対する法大は注目の1年生投手・菅野が先発。慶大打線はこの菅野に手も足も出ない。初回先頭打者の山本泰が放った2塁打を最後に、6回までに出した走者は死球の1人のみ。

一方の加嶋は5回途中3失点の内容でマウンドを降りる。ピンチで登板した亀井(商2)はその回を切り抜けるものの次の回に失点。慶大は7回に横尾のソロ本塁打で1点を返すが後続が続かない。最終回には清水翔が代打で安打を放つも得点には結びつかず。終わってみれば3安打に抑えられ昨日とは打って変わった貧打ぶり。春の第1戦に先発した法大の森田投手に引き続き、1年生投手を攻略できずの敗北となった。
法大第1戦目の三宮
法大第1戦目の三宮

乱打戦制し波に乗る慶大

勝ち点をかけた法大第3戦は乱打戦となった。慶大先発は三宮。初回いきなり安打と自身の失策でピンチを迎えると金子凌の犠飛で法大に先制を許してしまう。

追う慶大は3回、先頭の山本泰が左翼スタンドに本塁打を放ち同点に追いつく。しかし、その裏に1死1塁から畔上に2点本塁打を打たれ再び追う展開となる。

慶大は続く4回、この回先頭の山口(環3)の二塁打を皮切りに1死満塁とチャンスを作ると代打清水翔の適時打、続く山本泰の押し出しですぐさま同点に追いつく。なおも満塁のチャンスに横尾が満塁本塁打を放ち一気に4点をリードする。

その裏、慶大は亀井をマウンドに送る。しかし2本の安打でピンチを招くと内野ゴロの間に1点を返される。ここで早くも加藤拓にスイッチ。ここは加藤拓が踏ん張り追加点は許さない。5回には山口に本塁打が飛び出しさらに1点を追加する。

加藤拓は7回に味方の失策もあり、1点を失うも5回と2/3を投げて自責点0と好投を見せ慶大が8―5で勝利した。


連勝で波に乗りたい慶大。先発の加藤拓は7回を投げて四死球を8個出しながら、被安打2、8奪三振、無失点と好投を見せ、東大打線から得点を許さない。

一方の打線は東大先発の宮台に苦戦し、5回1安打に抑えられてしまう。

しかし8回、6回からリリーフしている柴田に対し、1死1塁から山本泰が三塁線を破る適時三塁打を放ち、遂に均衡を破る。更に3番横尾の2点本塁打を皮切りに、4番谷田、5番山口にも本塁打が飛び出るという史上初の三者連続本塁打で東大を一気に引き離す。

最終回に、8回から登板している三宮が代打田口に一発を浴び、東大に一矢報いられる場面もあったが、5―1で慶大が勝利した。

打線火を噴き暫定首位に

連勝で勝ち点を積み重ねたい慶大は先日神宮デビューを果たした清水洋(法2)が初先発。初回は制球に苦しみ押し出しで先制手店を与えてしまう。

援護したい打線は1回裏、先頭の山本泰が3塁打を放つと、連続四球で満塁とした後4番の谷田に第5号となる満塁本塁打が飛び出す。相手のバッテリーエラーもあり5点を奪い逆転に成功する。横尾も谷田に負けじと2回裏に第5号本塁打、4回裏に適時打を放つ。8回には山本泰がダメ押しの本塁打を打ち、9得点の破壊力を見せた。

清水洋は初先発ながら3回を投げ1安打1失点と踏ん張った。その後は小原大(環3)、加嶋、三宮と継投し、4回に2点を失ったものの6点の大差をつけて盤石の勝利。同じ週試合のなかった命題を勝ち点で上回り暫定首位に立った。

東大第1戦での3者連続本塁打は東京六大学野球史上初。横尾の4試合連続本塁打は記録タイだ。1シーズンのチーム本塁打記録20本も視野に入ってきた。この後は明大との首位攻防戦、春季は2連敗で悔し涙を飲んだ早慶戦が待っている。好調の打線でできるだけ多くの若き血を神宮に響かせ、記録にも記憶にも残るシーズンとなるだろうか。



谷田、横尾らがプロ志望届提出

全日本大学野球連盟は先月28日、プロ野球志望届提出者を更新。慶大からは谷田(商4)、横尾(総4)、山本泰(環4)が提出した。今後の動向に注目が集まる。