報道

院生を逮捕 弁護士局部切断の疑い

男性弁護士(42)の局部を切断したとして、先月13日に慶大大学院生の男(24)が傷害容疑で逮捕された。

発表によると、男は13日午前、都内の法律事務所で男性弁護士の顔を数回殴打し、倒れて意識が朦朧となった相手の局部を、用意した枝切りバサミで切断した疑い。男は容疑を認めているという。男性弁護士は重傷だが命に別条はない。

逮捕された男は元プロボクサーで、慶大の法科大学院に通っていた。男の20代の妻は男性弁護士の所属する法律事務所で事務員として勤務しており、男と妻、男性弁護士との間に交際関係を巡って何らかのトラブルがあったとみられている。 なお、この事件に関して慶大側からコメントは発表されていない。

関連記事

  1. 第16回矢上祭  テーマは「Nature」 「理系らしさ」全面に…
  2. 次期塾長に長谷山彰氏
  3. 8日から全塾協議会選挙~立候補1組のため信任投票に
  4. 全塾協議会 事務局長選挙 不正投票の可能性認める
  5. ITC PCパスワード 変更呼びかける
  6. 第3回下田寮交流会開催~地元住民交え親睦深める
  7. 《熊本特集2018》熊本城の眺めを思う
  8. 星出氏、宇宙での活動紹介 海外5会場で同時中継
PAGE TOP