院生を逮捕 弁護士局部切断の疑い

男性弁護士(42)の局部を切断したとして、先月13日に慶大大学院生の男(24)が傷害容疑で逮捕された。

発表によると、男は13日午前、都内の法律事務所で男性弁護士の顔を数回殴打し、倒れて意識が朦朧となった相手の局部を、用意した枝切りバサミで切断した疑い。男は容疑を認めているという。男性弁護士は重傷だが命に別条はない。

逮捕された男は元プロボクサーで、慶大の法科大学院に通っていた。男の20代の妻は男性弁護士の所属する法律事務所で事務員として勤務しており、男と妻、男性弁護士との間に交際関係を巡って何らかのトラブルがあったとみられている。 なお、この事件に関して慶大側からコメントは発表されていない。