報道

慶應メール 新システムに変更

今月から移行期間始まる

今月11日から慶應メールの新システムへの移行期間が始まった。現行のDEEPMail からGoogle Apps for Educationにシステムを変更するためだ。来年の3月2日に現行システムの提供は終了し、その翌日から新システムに完全移行する。

システムの選考にあたって、コラボレーションツール(グループウェア)が提供されていることやkeio.jpとの連携が可能であることを条件とした。Google Apps for Educationにはメール機能以外にも、カレンダー・グループ・ドライブなどを利用できるコラボレーション機能がある。メール・ドライブは容量無制限で利用することができ、ドライブを使ったファイルの共有等がオンライン上で可能になる。

他のユーザとコラボレーションして使うにはKeio Apps IDが必要になる。この IDはkeio.jpで慶應メールを利用している人に今月11日から配布が開始されている。

これまで使用していた慶應メールのアドレスは新システム上でも使用され、現存のメールなどは新システムに自動的に移行される。(一部移行されないデータもある)なお、新慶應メールを使用するためには所定の移行作業が必要となる。自分にどのような作業が必要なのか、またその他の詳細はITCのホームページ上で確認できる。

関連記事

  1. 地方自治道半ば 片山氏講演
  2. 義塾の教えを胸に 6390人が卒業
  3. 大島義則氏が来塾 『憲法ガール』の使い方を紹介
  4. 鳥類に絵の好みがあることを発見 渡辺教授らが初めて証明
  5. SFC生協割引~塾生が企画考案
  6. Dancing Crew JADEが無期限活動停止 三田祭参加を…
  7. 利根川進氏が来塾 ノーベル賞への道を語る
  8. 塾高45年ぶり選抜出場へ
PAGE TOP