全日本大学野球選手権 濱口を崩せず初戦敗退

勝負どころで痛い失策
春のリーグ戦を制した慶大は先月11日、全日本大学野球選手権で神奈川大と対戦した。結果は1―3で敗北し、初戦突破とはならなかった。

慶大先発は六大学で最優秀防御率を獲得した加藤拓(政2)。初回を9球で抑え、上々の立ち上がりを見せる。負けじと神大の先発濱口も2回を三者三振に打ち取り、慶大打線を寄せ付けない。

互いに譲ることなく投手戦になった矢先の5回、試合が動いた。先頭の横尾(総3)がレフトスタンドへ本塁打を放ち、慶大が先制する。

ピッチングに精細欠いた加藤
ピッチングに精細欠いた加藤

しかしその裏に早くも逆転を許してしまう。1死一塁から送球ミスで1死一塁三塁のピンチを迎えると、加藤拓の暴投により同点とされる。さらに連打で勝ち越しを許し、2死二塁三塁とされピンチが続く。なんとか踏ん張りたい慶大だが、ここでまたも加藤拓が暴投。この回3点を奪われ、追う展開になる。

6回、内野安打と佐藤旭(商4)のエンドランで1死一塁三塁とすると、続く山本泰(環3)が四球を選び1死満塁の絶好のチャンスを作り出す。しかし、ここで谷田(商3)、横尾が立て続けに倒れ、得点することはできない。

慶大は7回途中から瀧本(商4)が登板。自身の失策が絡み無死二塁三塁と追加点のチャンスを与えてしまうが、落ち着いて後続を断ち、無失点に抑えた。

反撃に出たい慶大だが、濱口の緩急をつけたピッチングに最後まで翻弄され、試合終了。春のリーグ戦で快音を響かせた慶大打線は鳴りを潜め、初戦敗退となった。(武智絢子)