報道

慶大生を逮捕 自殺教唆の疑い

警視庁三田署は、2月21日に慶大の男子学生を自殺教唆の疑いで逮捕したのち、同月22日夜に釈放した。容疑は認めているという。

男子学生は、昨年11月8日、交際相手の同級生の女性に対し無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「お願いだから死んでくれ」「手首切るより飛び降りれば死ねるじゃん」などのメッセージを7通送信。翌日9日に、女性は港区の自宅マンション8階から飛び降り、死亡した。自室には両親に宛てた遺書も残されていたという。昨年11月に匿名の情報提供を受けた同署が調べていた。

22日の夜には、東京地裁が「逃亡の恐れがない」とし、東京地検の勾留請求を却下したことを三田署が発表。同署は任意で捜査を続ける。

なお、慶大広報室はこの件に関しコメントできないとしている。

関連記事

  1. 慶大で震災復興公演 みちのく伝統文化芸能支援公演
  2. 09年度卒業生 就職率約4%減少
  3. 六慶祭、エコ活動で交流 矢上祭 「実績を積んでいきたい」
  4. 21年度学部一般入試 共通テスト・外部検定試験 従来通り利用なし…
  5. 協生館保育園ひらく
  6. 医学部入試 4年間で800万円の奨学金 国立大への人材流出防ぐ
  7. 最古の埋蔵犬骨発見
  8. ワシントン大学×慶大の共同シンポジウム開催







PAGE TOP