スポーツ

法政戦二回戦 ~合田 今季初勝ち星 完封で飾る

▼第二戦 ○
【慶大4―0法大】
 今季初勝利を完封で飾ったのは、エース合田(政4)。「慎重になりすぎず、大胆に楽しく投げられた」というように、何度もピンチを招きながらも、要所を締め、法大打線を抑え込むと、徐々に調子を上げて本来の投球を取り戻した。また自らのバットで先制打も放ち、投打にわたる活躍をみせた。「中盤以降のピッチングは次につながる」彼の早慶戦での活躍に期待がかかる。

関連記事

  1. 【記者の眼】バスケ部新チーム 分析と展望
  2. 野球部 優勝祝賀会を開催
  3. [東京六大学野球レポート]東大戦・「勝って当たり前」の中で
  4. 野球部を支える塾生 慶早戦支援委員会
  5. ユニコン君に聞く  義塾のPR戦略
  6. 【野球】慶早戦第1戦、慶大先勝~加藤好投、3日へ望みつなぐ
  7. 総評 ~ミスマッチに泣いた1年
  8. 東京六大学野球 優勝争うも及ばず 春季リーグ連覇の悲願叶わず
PAGE TOP