報道

宇宙と地上のインフラを統合 3校提携で事業開始

慶大大学院システムデザイン・マネジメント研究科は、先月28日から「宇宙インフラ利活用人材育成のための大学連携国際教育プログラム(G―SPASEプログラム)」を開始した。

同プログラムは東大空間情報科学研究センターと東京海洋大海事システム工学科と連携して進められる。3校が宇宙・地理空間技術による革新的ソーシャルサービス・コンソーシアム(GESTISS)」を設立。宇宙インフラと地上インフラを統合しながらサービスを革新、再構築を行うことを目的にプログラムを実行。アジア各国からの大学生・大学院生を主な対象として人材育成を図るとしている。

関連記事

  1. 全塾協議会事務局長選挙 不適切な投票方法を誘導 選挙ルールにも曖…
  2. 定年退職者を発表 教員43人が慶大退職
  3. 文学部 印東太郎賞を制定
  4. 漢方セミナー開催 産業化へ向け議論
  5. 塾内のクラリネット奏者 藤原洋記念ホールに集う
  6. 慶大、修学支援奨学金を新設
  7. 慶大、2020年度入学式はオンライン配信へ
  8. 商学部入試 地歴で出題ミス~大学側が謝罪







PAGE TOP