WEB限定記事

【三田祭速報】 学生が再現! 本場宇都宮の味

看板に書かれる宇都宮餃子会認定の文字

中庭に広がる、食欲をそそる香ばしい匂い―全国慶應学生連盟栃木学生会が主催する、「宇都宮餃子」がその匂いの源だ。
このお店、実はただの餃子屋さんではない。なんと、宇都宮餃子会公認のお店なのだ。「宇都宮餃子会」に連絡をとって公認をもらったとのこと。
運営をするのは全員栃木県出身の慶大生だ。本場宇都宮の味を再現するために宇都宮の餃子専門店「幸楽」で研修を積んできた。「プロの綺麗な焼き色を再現するのは非常に難しかった」―代表の河野さん(経2)は研修時の苦労をこう語った。
実際に味わってみると、代表が自負するとおり、まさに「外はカリカリで中身はジューシー」だった。さすがにプロのお店で研修を積んできただけのことはある。
「他の餃子とは一味違うプロの味」と代表が強く自信をもつ本場の味。寒さ厳しい秋空の下、熱々の餃子を食してみてはいかがだろうか。
(斉藤航)

関連記事

  1. 本紙記者が選んだ三田祭注目イベントその4~めいど喫茶で萌え〜
  2. 植村教授の退職願を受理~新司法試験守秘義務違反問題で義塾が処分
  3. 履修申告時期が大幅変更 春、秋学期の2回に 学習効果の向上期待
  4. 【速報】慶大、東京六大学野球で3季ぶり38回目のリーグ優勝
  5. 【関東大学対抗戦開幕直前インタビュー】 林雅人・蹴球部監督 「1…
  6. 本紙記者が選んだ三田祭注目イベント(その3)~本格的な演奏でくつ…
  7. 《夏の博物館・美術館特集》 モネ それからの100年(横浜美術館…
  8. 【六大学野球】投打が噛み合い星を五分に戻す
PAGE TOP