報道

全塾協議会選 新執行部を信任~投票率 過去数年で最低

 12月10日から15日にかけて、全塾協議会事務局長次長選挙が行われた。開票の結果、次期全塾協議会事務局長として加藤友紀さん(経2)、次長として若月薫さん(経2)の就任が決定した。

 選挙は各キャンパス内に設置された投票所で、学生証を利用した認証システムのもと行われた。また、事前の葉書通知、キャンパス内での呼びかけなどによって塾生に投票を求めた。

 選挙管理委員会の発表によると、投票総数は2832票で、うち信任が2574票、不信任が215票、無効票が43票であった。本年度の投票率は 10・2%。投票率が10%を超えているため、全塾協議会選挙規則第12条に基づき選挙が成立したが、例年以上に投票率の低さが目立つ結果となった。

関連記事

  1. 商学部 新プログラムを開講
  2. 持続可能な成長へ提言 若手研究者育成に重点
  3. 義塾の教えを胸に 6390人が卒業
  4. 【CNN】今年も環境週間実施 3大学合同で取り組みに着手
  5. 次期塾生代表選挙 12月12日~20日に実施へ
  6. SFC入試に「情報」
  7. 三田南校舎が完成
  8. 商学部GPP 理論と実践の融合を図る
PAGE TOP