CAMPUS IDOL

【CAMPUS IDOL~慶應ボーイ版~】環境情報学部2年 成瀬大知君

成瀬大知君慶應ボーイ版キャンパスアイドルは慶大ラグビー部1のイケメンと言われる成瀬大知君だ。がっしりとした体格が印象的な彼が学生生活を捧げているのは、もちろんラグビー部での活動だ。平日は朝からウエイトトレーニングをし、授業を受けた後、夕方から練習をする。そして週末には試合に励んでいる。

ラグビーは父親にだまされて始めた。小学校1年生の時に、父親に「鬼ごっこみたいなスポーツがある」と言われ、地元名古屋のラグビークラブに入る。想像以上に激しいスポーツで驚くが、そのまま楽しくなり現在まで続けている。

名古屋から上京し、2年生になってからは、多くの体育会部員が利用する下田寮に住みはじめた。「二人一部屋の寮生活は、最初はプライバシーとかないのかなと不安だったけれど、それ以上に楽しい」。夜は、同じ階で生活するラグビー部員とラウンジでゲームをしたりと楽しんでいる。

週1日の部活のオフ日は終日授業が入っているという多忙な彼。入部したての時は、「本当に大変だと思った。しかし、慣れてくると余裕も出てきたという。「きついこともあるけれど、楽しいこともあるので続けられる」。ほぼ24時間一緒にいるので部員とは本当に仲が良いと話す。

今年の目標は、ケガなく、部活で一番上のチームに出られるように頑張ることだ。トップのチームのみが着ることができる慶大ラグビー部伝統の黒黄ユニホームに袖を通した成瀬君の姿が見られることを期待したい。 (きゃぷてん)

関連記事

  1. すっぴんで大学に行けますか? 慶應ガールと化粧の関係
  2. 希望で痛みを和らげる 慶大病院緩和ケアセンター 白波瀬丈一郎氏
  3. 見つめ直す日本文化
  4. アパレルブランド”CLOUDY” エシカルファッションでアフリカ…
  5. ミス・ワールド2018 塾生が2年連続日本代表に
  6. ジューンブライド特集1~いま考える結婚の意味
  7. 【就活特集2010】アイティメディア~求めるのは未来志向
  8. 【人物列伝】日本サッカーのために働く 犬飼 基昭氏







PAGE TOP