報道

義塾HP 個人情報が流出~発覚当日に削除

 12月9日、言語教育シンポジウム「ことばの力を育む—小学校英語を超えて」にオンラインで申し込みをした292名の個人情報(氏名・フリガナ・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・職業・所属・備考)が、インターネット上に流出していたことが発覚した。慶應義塾は「多くの方々にご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げますとともに、今後、二度とこのような事態を起こさぬよう、大学として、個人情報の適切な管理と保護に、一層徹底して努めていく所存です」とコメントしている。なお、今回の問題は言語教育シンポジウムの管理するセキュリティ・プログラムの修正、データの削除などにより、発覚当日のうちに対処されたという。また、閲覧可能となった情報が悪用される等の被害報告はない(12月14日現在)。

関連記事

  1. 塾生が優秀賞受賞~全国青年弁論大会で
  2. 星出彰彦さん、宇宙へ~塾長ら150人で見届ける
  3. 薬学部教授を懲戒解雇 研究費の不正使用が発覚
  4. 電動バスで産官学連携 2012年までの実用化目指す
  5. 津田氏ソーシャルメディアを語る 中高生メディア教育を推奨
  6. 塾長と日吉の森を散策
  7. 9大学学長が共同声明 公的投資の拡大を訴える
  8. 2013年度ミス慶應 宇内梨沙さんに決まる







PAGE TOP