報道

義塾図書館 デジタル化デモ行う~グーグルと共同で

福澤諭吉の誕生日である1月10日と、11日の2日間、三田キャンパスの図書館旧館1階で慶應義塾図書館が進めている蔵書のデジタル化に関するデモンストレーションが行われた。

 義塾図書館は昨年7月にグーグルブック検索図書館プロジェクトに参加し、グーグルと共同で、義塾図書館が保有する蔵書のうち、著作権の保護期間が満了した書籍をデジタル化し、グーグルブック検索を通じて世界への公開を始めている。今回はプロジェクトとして初めて福澤諭吉、慶應義塾関連の書籍 174冊が公開された。

 グーグル検索図書館プロジェクトは既に欧米28カ国と連携して展開されており、義塾はアジアで初の加盟機関である。

 当日は恒例の福澤研究センターによる資料展示「言論人・福沢諭吉に学ぶもの」も同時に行われた。今回は福澤諭吉と西郷隆盛の縁についての資料や、研究センターが新たに収蔵した資料も公開された。

関連記事

  1. 漢方セミナー開催 産業化へ向け議論
  2. 第704回三田演説会 井田良氏「社会の変化と刑法の変化」を語る
  3. 講演会に著名人続々
  4. 第2回ワークショップを開催 マイボイスが残す生きた証
  5. 7月31日より 夏期スクーリング開講
  6. ピアサポートシステムを展開 教養研究センター
  7. 三田祭実行委員会 前夜祭にて約2300万円の損失を計上 出演アー…
  8. インターネットエコノミーは経済危機を救えるか
PAGE TOP