報道

学食の価格改定 ~SFC食堂の営業時間も変更

 3月1日に生協食堂の価格、4月1日にSFCの食堂営業時間が変更された。

 生協食堂はライスSの価格を90円から74円に変更するなど、料金体系を一新。今まではレジでのスピードの効率を上げるために料理購入時の差額を省き、10円単位の価格にしていた。そのためライスで元を取るなど適正な価格設定ではなかった。

 今回の価格変更の背景には税率の変化に対応するためという見方がある。今までは慶大の生協の食堂は本体価格に税金を上乗せした金額が商品価格となっていた。しかし、税率の増加を見越し、他の大学生協と価格を合わせ適正な価格設定に見直した。

 SFCの食堂営業時間はサウス食堂とノース食堂の時間が逆転し、ノース食堂が10時30分から20時、サウス食堂が11時から13時30分。これは、ノースがサウスより50席多いということや、ノース食堂のほうが調理機材が充実し、麺類や企画メニューを夜まで提供できることからだ。

関連記事

  1. 329人が9月入学
  2. 2008年ミス慶應は本山華子さん
  3. 「やる気スイッチ」の可能性 慶大准教授ら、意欲に関わる脳細胞を特…
  4. フクヤマ氏、日本の閉塞感を憂う
  5. 《特集》災害と向き合う やがて来る明日に備えて
  6. 【速報】慶大、東京六大学野球で3季ぶり38回目のリーグ優勝
  7. 面接解禁 6月に
  8. SFCで20周年記念式典 今後の方向性を模索







PAGE TOP