報道

日吉に駐輪場開設 来年3月末まで試行運用

日吉キャンパスで自転車駐輪場の試行運用が先月17日から始まった。駐輪場があるのは協生館南側道路向かい。日吉キャンパス在籍学生を対象に利用希望者を160人募集し、現在約80人で運用している。試行期間の登録料は1000円。この試行運用は、来年度の本格的な運用を目指して、来年3月31日まで続けられる。
 以前から日吉キャンパスでの駐輪場開設を希望する学生の声は多くあった。しかし、日吉キャンパスの在籍学生数を考慮すると、駐輪場の開設にはある程度の規模が必要。日吉キャンパス周辺に広い場所を確保するのは困難で、なかなか実現に至らなかった。
 2007年、三田キャンパスに駐輪場ができると、慶大の各キャンパス(湘南藤沢、矢上、三田、日吉)のうち、駐輪場がないキャンパスは日吉だけに。サービス立ち遅れを防ぐために、日吉でも駐輪場運用が本格的に検討され始めた。今回予算が下りたのを契機に、可能な範囲の規模で駐輪場を設置しようと、試行運用が始まった。
 今回の試行運用の目的は主に2つあると学生部の担当者は説明している。駐輪場には自転車のラックが設置されているものの、誰でも入ることができる。未登録の自転車が勝手に駐輪することが懸念されるため、まず管理コストの見極めをしたいという。また、この駐輪場は日吉在籍学生の要望に応え得るだけの規模でないと予想されるため、多数の希望者に対し、どのように実際の利用者を決めるかも検討していく予定だ。
 
詳細は、日吉キャンパスホームページに掲載されている。
http://www.hc.keio.ac.jp/ja/facilities/campuslife/9esamb00000088o8.html

関連記事

  1. 教員46名、慶大を後にする 定年退職者が発表
  2. 第704回三田演説会 井田良氏「社会の変化と刑法の変化」を語る
  3. SFC 進む広域無線LAN計画~総務省に申請へ
  4. 6728人、慶大の門をくぐる
  5. SFC、湘南台駅間 相鉄線延伸を検討 交通整備など2年かけ協議
  6. 曽根泰教研究会 藤沢の将来を考える
  7. 国分教授が中国情勢語る 中国の影響力増加を懸念
  8. イェール大学スナイダー教授が講演
PAGE TOP