体育会ウォッチャー

●競走部
横田・中村惜敗 五輪代表逃す

6月26日から29日、川崎等々力陸上競技場で、第92回日本陸上競技選手権大会が開催され、競走部の800㍍男子に横田真人(総3)が、200 ㍍女子に中村宝子(総1)が出場した。大会3連覇のかかる横田は予選を首位で通過したが、決勝で日体大の口野に競り負け、0・12秒差の2位(1分48秒 95)。ジュニア日本記録保持者(23秒48)の中村は決勝で24秒37の3位(首位は23秒84)。ともに期待されていた北京五輪代表入りを逃した。

●卓球部
逆転で3部優勝 14年ぶり2部へ

6月22日、中央大学で平成20年度春季関東学生卓球リーグ戦の3部優勝決定戦、2部入れ替え戦が行われ、卓球部が14年ぶりの2部昇格を決めた。3部優勝決定戦では東洋大に1―3から逆転した。2部入れ替え戦は國學院大学に4―2で勝利した。

●自動車部
2年連続準優勝 個人小柴ら入賞

6月29日、富士スピードウェイ・ジムカーナコースで、平成20年度全関東学生ジムカーナ選手権大会が開催され、自動車部が男子団体で2年連続の準優勝、個人で小柴(理4)が準優勝、中山(法2)が4位入賞した。