【速報】萩尾匡也選手、読売巨人軍からドラフト2位指名

(写真=提供)

プロ野球ドラフト会議が20日に開かれ、慶大の萩尾匡也外野手(環4)が読売巨人軍にドラフト2位で指名された。

萩尾選手は「正木智也(福岡ソフトバンクホークス)以上」とも言われる長打力と、高い身体能力を兼ね備えた大型外野手。

今季春リーグから4番・中堅に定着し、5本塁打・17打点の活躍を見せ、リーグ二冠を獲得した。また、今秋もチームの主砲として打率.429、4本塁打、17打点(10月20日時点)と打撃3部門においてリーグ1位の数字を記録し、戦後で16人目となる三冠王も射程圏内だ。

自身が憧れとも語る鈴木誠也選手(シカゴ・カブス)を彷彿とさせる力強いスイングから生み出される長打に加え、身体能力の高さを活かした外野守備にも注目。

萩尾匡也(はぎお まさや)
熊本県大津町出身 文徳高校卒
180センチ・84キロ 右投右打
(写真=提供)

(吉浦颯大)

 

会見の様子はこちらから

【ドラフト】読売巨人軍2位指名・萩尾匡也選手 「歴史と伝統のある球団でプレーできることは嬉しい」