【速報】春の六大学野球 慶大、接戦を制し早大に連勝を飾る!

5月29日、明治神宮野球場にて春の六大学野球、早慶戦の第2戦目が行われ、慶大が5-3で接戦を制し、早慶戦2連勝という最高の結果で今季を締めくくった。

この日の先発マウンドには1年生ルーキーの外丸東眞(環1=前橋育英)が上がり、テンポの良い投球で2回までパーフェクトピッチを披露した。

試合が動いたのは3回表だった。山本晃大(総4=浦和学院)がセンターにこの日の両チーム初安打となるヒットを放つと廣瀬隆太(商3=慶應)も続き二死満塁のチャンスを演出、古川智也(環4=広島新庄)が低めの球を見極め、押し出しとなり慶大が1点先制した。

しかし直後の3回裏、外丸が早大先発の清水大成(3年)にタイムリーツーベースを浴び、試合は振りだしに戻った。

1-1の膠着した戦況の中、無死一二塁のチャンスで打席に立ったのは今季途中から4番に定着した萩尾匡也(環4=文徳)。レフト中段に2試合連続となる豪快な一発を放ち、試合の流れを慶大に引き寄せた。

2試合連続で決勝弾を放った4番・萩尾選手

その後、レフトの宮尾将(商4=慶應)をはじめとする慶大外野陣の好守にも助けられた外丸は6回1失点の投球で勝ち投手の権利を得てマウンドを降りた。

新人ながら抜群の制球力で早大打線を封じた外丸投手
3度の好守と俊足でいぶし銀の活躍を見せた宮尾選手

7回裏には2番手森下祐樹(総3=米子東)が失点し2点差に詰められたが、8回表に先頭の宮尾が単打で出塁すると早大の失策、犠打で三塁に到達し、代打北村謙介(総4=東筑)がレフトに犠牲フライを放ち、貴重な追加点をもぎ取った。

続く8回裏に3番手渡部淳一(法4=慶應)が早大の主砲、蛭間拓也(4年)にソロ本塁打を浴びたが9回裏は無失点に抑え、見事慶大は接戦をものにした。

この試合をもって慶大は4位から2位に浮上し、2位という結果で今季を終えた。

 

 

また今日をもって春の六大学野球の全試合が終了し個人タイトルが決定した。
【最優秀防御率】橋本達弥 防御率1.53
【本塁打王】萩尾匡也 5本
【打点王】萩尾匡也 17打点
【ベストナイン】廣瀬隆太 (二塁手・11票)
萩尾匡也 (外野手・満票)
山本晃大 (外野手・8票)
最優秀防御率を獲得した橋本は最速150キロの直球と高校時代に小園海斗(広島カープ)を驚かせた落差の大きいフォークを武器に慶大の守護神として勝利に貢献した。

本塁打王、打点王の2冠を獲得しベストナインにも選ばれた萩尾は昨季秋に開花させた長打力を活かし、今季途中からは4番として活躍した。また法政戦では先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を放つ衝撃的な活躍を見せた。

またベストナインには廣瀬、山本が選ばれた。廣瀬は萩尾に次ぐリーグ2位の4本塁打を放ち、強打のセカンドとしてチームを牽引した。
山本は4年ながら昨季まで計7打数無安打と実績がなかったが今季大ブレイクを果たし、打率340、2本塁打、13打点と活躍した。持ち前の俊足を活かし守備でもスタンドを沸かせた。

二塁手ベストナインを獲得した廣瀬選手

(吉浦颯大)