《サークル紹介》體育會馬術部 – 馬と駆ける、絆と成長の日々

乗馬は、スポーツでありながら動物と絆を育むという類い稀な競技。慶應義塾大学の體育會馬術部では、初心者・経験者問わず乗馬に挑戦することができる。

 

主な活動内容

 

公式HP/SNS HP : https://keio-eq.jimdofree.com

Instagram : keio_equestrian

Twitter : keio_equestrian

メールアドレス : hiyoshi_baba_soumu@yahoo.co.jp

部員数(男/女) 男子8/女子9 + 馬20頭
練習/活動場所 日吉馬場
練習日時 月水木金土日、7:00〜13:00
年間予定 4月 六大学

5月 選手権・女子選手権

6月 関東学生馬術大会

7月

8月 夏合宿@ノーザンホースパーク(北海道)

9月 夏合宿@ノーザンホースパーク(北海道)

10月 全日本学生

11月 女子・男子自馬大会

12月 早慶戦

1月

2月

3月 新人戦

実績 第62回全日本学生賞典総合馬術競技大会 団体3位

第71回全日本学生賞典障害馬術競技大会 個人6位

入部金 0円
年間部費 13万円
入部方法 見学希望者は、InstagramのDMまたはメールで連絡。見学後、1週間の体験入部を行うことができる。入部を決めた際はメールで連絡。
仮入部の有無/新歓状況 有 / 見学後、希望者の都合に合わせ体験入部を開始する。

 

構成員は、部員 + 馬!

 

馬との交流を通して競技にあたるという特性を持った體育會馬術部。その構成員に「馬20頭」が含まれていることからも、彼らの絆が見て取れる。

動物好きから競馬観戦好きまで

 

現部員の入部理由は、家族や知り合いに馬術経験者がいて興味を持ったという人から、動物が好きという人、さらには競馬ファンまで三者三様。誰にでも門戸が開かれているため、毎年多くの初心者が入部する。

 

初心者も成長できる

 

大学に入ってから乗馬を始めた部員は、馬に乗る方法から丁寧に教えてくれるため、未経験者も安心。徐々に慣れてくると馬を操作する方法を学び、最終的には駈歩(かけあし。上下前後に大きく、難易度の高い走り方)で走ったり、障害物を飛んだりできるようになるまでの成長が見込める。

馬術経験のある場合は、入部直後から試合に向けた実践的なトレーニングを実施。さまざまなタイプの馬に乗ったり、高い障害物を飛んだりと、やりがいを感じられそうだ。

 

達成感を感じる試合&北海道での夏合宿

 

體育會馬術部は、新人戦に始まり、六大学馬術競技大会や関東学生馬術大会、女子・男子白馬大会など、数々の大会に参加。第62回全日本学生賞典総合馬術競技大会 団体3位などの実績を残している。毎日練習を共に頑張ってきた馬と試合で入賞できたときは、言葉に表せないほどの達成感を感じるという。

また、2022年度は全日本学生馬術大会3種目団体総合3位以内入賞、関東学生及び全日本学生総合馬術競技団体優勝、早慶戦全種目勝利と2連覇を目標に練習に励んでいる。さらに、コロナの影響で中止となっていた夏合宿も、本年度は開催予定。自然豊かな北海道の地で、さらなる成長と絆が生まれる

 

新1・2年生に向けて

 

馬術経験者だけでなく、大学から馬術を始めた部員も多く在籍しています。新しいことを始めたいと考えている方、動物が好きな方、ぜひ私たちと一緒に楽しい乗馬ライフを始めてみませんか?

 

馬場見学、体験入部はいつでも受け付けております!公式InstagramへDMまたはhiyoshi_baba_soumu@yahoo.co.jp までご連絡ください。」

 

(聞き手:楊美裕華