《MITASAI REPORT-2021》Nexus 雨の中でも輝くパフォーマンス

三田祭3日目である22日14時20分から、メインステージにて、アイドルコピーダンスサークルNexusがパフォーマンスを披露した。

Nexusにとって2回目の三田祭参加となった今回。初ステージのメンバーがいること、メインステージでの披露であることを理由に、難易度の高いダンスに挑戦したのだという。

白と黒の衣装に身を包むメンバーたち

黒と白のシックな衣装で登場したメンバーたち。1曲目は、「ネッコヤ(PICK ME)」。今年の春、惜しまれつつ解散したIZ*ONEを生んだPRODUCE48のテーマ曲だ。客席中央では、ペンライトや特製のうちわを振る人や、オタ芸で応援する人の姿もあった。

間のトークタイムでは、衣装についても言及された。一人ひとりの衣装は、各メンバーが考えて決めたのだそう。カチューシャやシュシュなどの小物もコンセプトに合ったものだった。

3曲目は打って変わって、日本のアイドル=LOVE(イコールラブ)の「Want you! Want you!」を披露した。あいにくにも雨が降り始めてしまったが、雨にも負けない元気で明るいダンスだった。各メンバーは実際にマイクを持って踊り、実際のアイドルさながらのパフォーマンスだった。次の曲は、Juice=Juiceの「『ひとりで生きられそう』って それってねえ、褒めているの?」。これまでの明るい曲とは対照的に、大人っぽい表情や振り付けに魅了された。

衣装チェンジあとのパフォーマンス

2度目のトークタイムの後、水色と白のワンピースへと衣装が変わった。5曲目は、NMB48の「青春ラップタイム」。曲の終盤では、ステージ中央に集まって「好きだからー!」と叫ぶシーンもあった。雨で前髪を濡らしながらも、指先や表情にまで気を配ったパフォーマンスは、観客の胸に響くものだったはずだ。

トーク中も可愛らしさ全開

アイドルコピーダンスサークルNexusは、TwitterやInstagram、ブログを更新している。これらのコンテンツでしか公開されていないダンス動画もあるというので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

 

《アイドルコピーダンスサークルNexus》

・Twitterはこちら

・Instagramはこちら

・ブログはこちら

 

《セットリスト》

  1. 「ネッコヤ (PICK ME)」 IZ*ONE
  2. 「Take a Picture」 NiziU
  3. 「Want you! Want you!」 =LOVE
  4. 「「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?」
  5. 「青春のラップタイム」 NMB48
  6. 「アザトカワイイ」 日向坂48

 

 

(山下和奏・小笹山慶一)