三田に不審者出没 学生部が注意喚起

9月29日、30日の2日間にわたり、三田キャンパス西校舎2階女子トイレに男性の不審者がいたとの通報があった。
10月に入ってからも中庭や南館で不審者が確認されており、学生部が注意を呼び掛けている。不審者は特定されていないが、複数人いると考えられる。
学生部の目時弘子課長は「日中であっても授業中は校舎内の人通りが少ない。不審な気配を感じたら巡回している警備員に伝えるなどすぐ助けを呼んでほしい」と話す。大学側も警備体制を強化しているが、不審者の立ち入りをすべて取り締まるのは難しいという。学生が各自意識を高めることが求められる。
また、盗難も頻発しており、こちらも学生部が注意を呼び掛けている。西校舎、第1校舎、南館、メディアセンターなどいたるところで被害が起きているという。特に荷物を放置しがちな休み時間や睡眠中は狙われやすく、注意が必要だ。