【こちら三田探偵事務所】2万本シュートに挑戦!!

「スラムダンク」を読んで感動しました。僕もシュート2万本打てばうまくなれますか。        (環1)
*  *  *
「久々に面白い依頼が舞い込んだ!」と俄然やる気の所長。そう、所長は自他共に認める「スラダンマニア」なのだ。
「スラムダンク」といえば累計1億部を発行する超人気マンガ。主人公・桜木花道がインターハイを前に1週間で2万本のミドルシュートを練習したエピソードに、依頼者は感銘を受けたようだ。
「誰かバスケ経験者はいないか」という所長の呼びかけに、恐る恐る手を上げたのは所員K(文2)。「オレ、今月はレポートが4つも溜まっていて……」という言い分は当然のごとく流され、Kは無謀な挑戦を引き受けるはめになった。
早速Kは後輩の所員T(法1)を連れ、近くの公園に到着。「あれ、ラーメンおごってくれるんじゃないんですか。って言うか何でバスケットボール持ってるんすか」とT。Kは不敵な笑みを浮かべ、「まんまと騙されたな。お前はボール拾いだ」と言い放つ。
かくして始まった「2万本への挑戦」。序盤、Kは中学生時代に培ったシュート技術を発揮し、次々とゴールを決める。
ヒザに力を入れ、ジャンプ。最高点で手首のスナップを利かせ、シュート。ブランクはあるといえど、シュートの感覚は身体が覚えている。しかし、80本を過ぎたあたりから徐々に疲れが見え始めた。
100本目を外したところで、Kは早くもギブアップ。「もう無理。手が上がらん。あとの1万9900本はTやっといて」。最低な先輩にあたってしまったとTは後悔するも、事務所内での上司の命令は絶対的。逆らうわけにもいかず、渋々シュートを打つことに。
日も傾き始め、公園で遊んでいる子供も次々と家へ帰っていく。Tはへとへとになりながらもシュートを打ち続け、Kはベンチでコカ・コーラとポテトチップスを平らげようとしていた。
400本に到達したところで、ついにTも愚痴をこぼし始める。「はぁ~、先輩がスラムダンクの晴子さんみたいに可愛い女性だったら、もっとやる気出るのに……」
このままでは後輩がやめてしまうと危機感を感じたKは、交代し、さらに100本加える。
そこへ原付バイクでいかにもチャラそうな二人組がやってきた。バスケットゴールを譲れといわんばかりの目つきだ。
「あの~、アンタらバスケ部ですか」と二人組の一方が高圧的な態度で話しかけてきた。
Kは即座に「ただの探偵さ」と返す。何だか「スラムダンク」ではなく「名探偵コナン」になってきた。
結局、二人組は怪訝そうにして帰ってしまった。その後、Kは気合で50本打つも、ついにリタイア。TとK合わせても550本。2万という途方もない数字の前に、ただただ己の無力さを知ることとなった。
日も暮れたところでKは「調査打ち切り」を宣言。ラーメンを要求するTを無理矢理帰宅させ、Kは足を引きずりながら、一人事務所に戻る。
「調査不能」とだけ書かれた報告書を所長の机に置き、Kも家路についた。
(キンタケ)