喊声

喊声 2016年12月号

大学3年の12月。サークルの引退や就職活動を目前に控え、これまでの大学生活を振り返る機会が多い時期だ。

先日、服飾系大学の文化祭を訪れた。この学校の学生は、日々服飾品の制作実習に明け暮れ、卒業後もアパレル業界に就職する学生が多いという。好きなファッションの道を突き進み、社会に出ても今までの学びを活かすことができる。展示されている学生たちの作品を見ながら、そんな彼らを羨ましく思った。

翻って自身の学生生活を振り返った時に、何かをしてきたのだろうか。「1年生の早い時期に所属を決めた新聞会を最後まで辞めることなく続けることが出来たこと」が唯一思い浮かぶ。

自分の道を自分で切り開くことが、日本社会で生きるためには必要となるだろう。一億総活躍を求められる時代。やりたいことを見極め、自分の人生を自分でコントロール出来なければ自分らしく生きるのは難しくなる。

学生はいずれ大学を卒業し社会へと出ていく。社会の風潮に踊らされず、服飾大学の学生や、サークル活動に打ち込んだ自分自身のように、自分の決めた道を行くことが出来れば、今後の人生がより良いものになるはずだ。
(河合遥香)

関連記事

  1. 【CAMPUS IDOL】法学部法律学科2年 伊吹幸子さん
  2. 【CAMPUS IDOL】法学部政治学科2年 市村紗弥香さん
  3. 【こちら三田探偵事務所】慶應と早稲田の友情を確かめる
  4. 《塾生のギモン》第3回 恋はするものではなく落ちるもの
  5. 【記者の眼】体育会4部 前期総評
  6. 喊声 2017年5月号
  7. 【CAMPUS IDOL】法学部政治学科1年 永嶋萌子さん
  8. 喊声 2017年9月号 「若者」として生きる







PAGE TOP