慶應塾生新聞会 三田オフィス

〒108-0073  東京都港区三田3-4-8

佐野ビル4階

Tel : 03-3454-7966

Fax: 03-6435-2573

《塾員インタビュー》「自分らしさ」を高め音楽の世界に 高尾奏之介氏

【プロフィール】

高尾奏之介(たかお・そうのすけ)

2018年慶大環境情報学部卒。ピアニスト、作曲家、編曲家。映画「トウキョウソナタ」、ドラマ「知らなくていいコト」ピアノ演奏、アニメ「冴えない彼女の育てかた♭」「プリンセスコネクト!Re:Dive」「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」「ご注文はうさぎですか?」、小倉唯、水樹奈々などへの楽曲提供を手掛ける。

慶大に入学した理由

「音楽家を志すなら慶大もいいよ」と中学の時に先生から言われたのが慶大を意識した最初だったと思います。その後、大学受験の頃はピアニストと作曲家を目指していて、音楽のジャンルも幅広く考えていました。慶大で幅広い知識を学ぶことで「自分らしさ」を高めたかったんです。

大学生活について

慶大では何事にも通じる物の見方が学べたと思っています。音楽以外にも興味深い授業が沢山あって、積極的に履修しました。自分の知らない世界がこんなにあるのかということに驚き、専門の先生の授業が面白くて話を聞いているだけで新しい世界に触れられた感覚もあって、とてもワクワクしました。

3年から今所属する音楽制作事務所に入ったのですが、当時、少しずつ作曲の仕事も増えていました。授業に支障があるかなとも思いましたが、1、2年の時に興味のある授業を上限まで履修していたのが良かったです。3、4年で受ける必要な授業はもうほとんど無くて大丈夫でした。おかげで単位は一つも落とさず卒業できましたね(笑)。

慶大に入って一番身についたのは、「全く知らないことでもなんとかする」ということです。音楽も学びながら新しい知識を学べた最高の環境だったと思います。それが今の僕のベースになって、いろんなところで役立っています。

ピアニストとしての顔

クラシックピアノを弾くときには、楽譜から何が見え、何が背景にあるのか、それをどんな音で表現するかを考えて演奏します。楽譜は音符を表すだけではなく、いろんな情報を作曲家が視覚的に見えるように書き込んでいるので、それを理解して音にして伝える感じです。背景とは、その曲自体の分析、作曲家の人生、その曲を作った経緯、その作曲家の技法が生まれた経緯といったようなことです。理論を踏まえた音楽的美的感覚も大事かもしれません。

音色へのこだわりは、演奏する人のアイデンティティみたいなところがあって、誰にも真似できない、歌手にとっての声みたいな感じです。使い方次第でとても魅力的になります。

ピアノだけを弾いている時にはわからなかった作曲家のすごさが曲を作るようになってよくわかるようになりました。そのすごさが本当に気づかないくらい自然な形で曲に溶け込んでいるのでそれらをすくい上げて演奏するようにしています。