報道

全塾協議会 選挙結果遅れて発表 投票率は13.2%と低迷

 昨年12月8日から13日にかけて行われた全塾協議会事務局長・事務局次長の選挙結果が、1月中旬ごろ選挙管理委員会のホームページ上(http://www.keio-zenkze.com/election08/)で発表され、次期全塾協議会事務局長として若月薫さん(経3)、次長として齊藤諭さん(政3)の就任が決定した。
 同委員会の発表によると、得票総数は3748票で、うち信任が3567票、不信任が130票、無効票が51票であった。投票率は約13・2%となった。
 当初の発表予定日は12月15日であったが、発表が大幅に遅れる結果となった。また選挙結果が発表された詳細な日時は明らかになっていない。 選挙管理委員会は本紙の取材に対し、「データのアップロードの失敗により、発表が年明けという形になった。そのため発表の詳細な日時は分かりかねる」としている。

関連記事

  1. 事務局長選挙で不正疑惑
  2. 水道水洗眼の危険性 ~慶大教授らが研究・発表
  3. SFC‐IVフォーラム開催 ソーシャルベンチャーを議論
  4. 9月卒業式・入学式 新たな門出を祝う
  5. KBS新たに国際提携 共同研究で社会へ提言目指す
  6. 消費増税 再延期の影響は
  7. 義塾の教えを胸に 6390人が卒業
  8. 平成27年度義塾収支予算 5年連続の収入超過見込む 国際化事業の…
PAGE TOP