報道

湘南台照らすキャンドル~地域と繋がる場に

 12月20日、藤沢市湘南台地域で電気の照明を落とし、ロウソクのあかりで過ごすキャンドルナイトが行われた。  

 「みんなでつくって、みんなで灯す」を合言葉に、湘南台東口商店街から集めた廃油を再利用し、地域の人達ともに作った500個ものキャンドルを並べて点灯した。

 キャンドルナイト実行委員代表の坂田智子(総3)さんはイベントの意図を、「情報が溢れ忙しい現代に、スローな時間を取り戻し、家族や地域の人々など、人が繋がる場をつくりたい。このイベントを通じて地域が盛り上がってほしい」と語った。

 今回が初の取り組みであったが、地域の人々が数多く家族連れで訪れ、「来年も開催して欲しい」という声も聞かれた。

関連記事

  1. アート・センター20周年記念イベント アーカイヴの専門家が議論
  2. 相鉄直通線、路線名称が決定 「新横浜線」
  3. 第700回三田演説会 小室正紀名誉教授が講演 福澤諭吉の思想を紹…
  4. 小説家 辻井喬氏が来塾 知の本質や幸福論を語る
  5. 日吉駅発車メロディが慶應義塾応援歌「若き血」に 10月31日まで…
  6. 【人間教育講座】中垣俊之氏が来塾
  7. 塾生代表 秘書制度始まる 3人が起用
  8. 「かながわマイカルテ」実現に向けて 個人情報開示範囲の設定が課題…







PAGE TOP