スポーツ

塾高アメフト部日本一

 2月24日、味の素スタジアムにおいてアメリカンフットボール全国高校選手権(通称クリスマスボウル)決勝が行われ、関東代表の慶應義塾高校が関西代表の大阪産業大付属高校を17―14で下し、優勝した。慶應高の日本一は22年ぶり3回目。

 試合は慶應高が前半に14点を奪ってリードするも、後半には大産大付属高校が猛追するという展開。最終4Qに3点を奪った慶應高が勝利を収めた。

 また、最優秀ラインマン賞には斎藤皓介君、最優秀バック賞に青樹礼生君が、共に慶應高から選出された。

関連記事

  1. 野球部 重田主将インタビュー
  2. 水上運動会でボート体験 端艇部員が塾生と交流
  3. 蹴球部 対抗戦2年連続の3位 ~17日から大学選手権
  4. 女子ソッカー部  関東リーグ昇格を決める
  5. リーグ戦第1週・vs国士舘大学~衝撃の洗礼
  6. 塾高、10年越し悲願の甲子園へ 激戦勝ち抜いたヒーローたちの「顔…
  7. 《早慶戦特集2019秋》 応援歌の定番「シリウス」、10分で完成…
  8. ソッカー部2勝2敗でスタート







PAGE TOP