塾高アメフト部日本一

 2月24日、味の素スタジアムにおいてアメリカンフットボール全国高校選手権(通称クリスマスボウル)決勝が行われ、関東代表の慶應義塾高校が関西代表の大阪産業大付属高校を17―14で下し、優勝した。慶應高の日本一は22年ぶり3回目。

 試合は慶應高が前半に14点を奪ってリードするも、後半には大産大付属高校が猛追するという展開。最終4Qに3点を奪った慶應高が勝利を収めた。

 また、最優秀ラインマン賞には斎藤皓介君、最優秀バック賞に青樹礼生君が、共に慶應高から選出された。