報道

桜スポーツフェスタ開催 体育会部員と地域住民が交流

部員の指導でバッティングを体験する子ども

部員の指導でバッティングを体験する子ども


3月28日、慶應義塾下田グラウンド•学生寮にて、第8回桜スポーツフェスタが開催された。このイベントは義塾創設150周年の記念事業として始まり、下田グラウンドを拠点に活動する体育会5部(野球部・蹴球部・ソッカー部・ソフトテニス部・ホッケー部)が中心となって企画・運営を行っている。スポーツを通して地域住民と交流し、親睦を深めるのが目的だ。


当日は、キックターゲットやラグビーの交流試合、各部による体験教室などが催されたほか、多くの出店も並び、会場はにぎわいを見せた。特設ステージでは地域住民による歌の発表も行われ、最後には地域住民と体育会員が音頭に合わせて踊りを披露した。
イベントは昼食を挟んで午後も行われ、小さな子どもからお年寄りまで催しを楽しんだ。

関連記事

  1. 《特集》平成生まれが見た、平成30年の記憶
  2. 認知心理学シンポ開催
  3. 《一般選抜》慶大、4年連続志願者減 コロナ禍の受験 影響大きく
  4. SIM-Drive社 EV試作車事業開始
  5. テクノモール2015開催 「産学官連携」に向け  研究成果を発信…
  6. 21年度学部一般入試 共通テスト・外部検定試験 従来通り利用なし…
  7. 【CNN】株式会社ロボット 阿部氏講演
  8. 三田祭以外も大盛況 3キャンパスで大学祭行われる
PAGE TOP