報道

事務局長選挙が開票

諸田・岡本ペア信任される

全塾協議会の事務局長・次長選挙の結果が公表され、事務局長に諸田直也さん(経2)、事務局次長には岡本泰治さん(医5)が信任を受けて当選した。投票率は約11%。有効投票率10%をかろうじて上回った。

有権者数28729人のうち、投票者数は3187人。信任票は3020票、不信任票は131票、白紙票は36票であった。信任の得票数も10%を上回ったため同ペアの当選が確定した。

昨年度選挙での不正疑惑を受け、選挙管理委員会は今年度は投票箱の管理を厳重にするなど対策を取った。その一方で、昨年度の担当者からの引き継ぎが不十分で、選挙準備の遅れが目立った。立候補ペアが1組だったこともあり、今年度選挙の投票率は低調であった。今後の選挙運営や広報が課題である。

関連記事

  1. メディアコム公開講座 岸井氏、日本と世界を総括
  2. 慶大生を現行犯逮捕
  3. 第38回四谷祭 受験相談に長蛇の列 バンドやマジックショーも
  4. 慶大 17年度からWEB出願へ全面移行
  5. SFC 七夕祭~七夕の夜飾る花火
  6. アーミテージ&キャンベル白熱討論 日本の諸外交問題を考察
  7. 福澤先生誕生記念会 今年も社中集う
  8. ウェーランド記念講演会 今年は阿川尚之氏が登壇
PAGE TOP