矢上祭開催される

装飾テーマは「Circus」

第14回矢上祭が今月12日と13日、矢上キャンパスにて開催され、多くの塾生や近隣住民が訪れ盛り上がった。

今年のテーマは、第14回目の開催であることに意味をかけて「14 all (one for all)」。学術的な面にとどまらず、慶大理工学部生・大学院生による新たな価値の創造・発信の場となることを目指した。また、学園祭の装飾に統一性を持たせることを狙いとして今年は装飾テーマを「Circus」とし、会場全体がにぎやかな雰囲気に包まれた。

例年通り、研究室の展示や科学教室が催され、理工学部キャンパスの学園祭としての一面を覗かせた。一方、メインステージでは恒例の理系美人コンテストに加え昨年の女装コンテストからパワーアップして男装・女装コンテストとなった「裏ミス」、歌手の奥華子さんによるステージなどで盛り上がった。

2日目の最後には、締めくくりとして恒例となっている、この時期には珍しい打ち上げ花火が行われ、矢上の空を彩った。