報道

ダブルディグリーに奨学金 ドイツ・ボッシュ財団が支給

民間財団としてはドイツ有数の規模を持つロバート・ボッシュ財団が、文学研究科とドイツのマルティン・ルター大学ハレ・ヴィテンベルク(ハレ大学)による修士課程ダブルディグリー・プログラムに対し、奨学金の支給を決めた。日独双方から選抜した優秀な学生5人に対し、1人当たり年間約200万円の奨学金を給付する。
 文学研究科とハレ大学は昨年秋より修士課程ダブルディグリー・プログラムを実施。プログラムでは、学生が2年間の修士課程在学中に日独双方の大学で学び、両大学の修士学位を取得できるようになっている。

関連記事

  1. 一般選抜、2学部で出題ミス 法学部入試では加点措置
  2. 慶大で飲酒事故再発
  3. 吉田 W杯日本代表に
  4. 植村教授の退職願を受理~新司法試験守秘義務違反問題で義塾が処分
  5. 10年ぶりの伝統復活 慶應ラリー、日吉で開催
  6. 国連職員、活動を紹介 世界の貧困へ関心促す
  7. 脳梗塞活性化の物質を発見 医学部・吉村教授ら 新治療法解明へ期待…
  8. 医学部 東京歯科大と提携
PAGE TOP