報道

「福澤誕生地記念碑」碑文 小泉信三直筆の原稿、義塾に贈呈

三田旧図書館で大阪慶應倶楽部から原稿が贈呈された

三田旧図書館で大阪慶應倶楽部から原稿が贈呈された

小泉信三の直筆による「福澤諭吉誕生地記念碑」碑文原稿の贈呈式が先月10日、三田キャンパス図書館旧館記念室で行われた。贈呈式には清家篤塾長や福澤研究センターの米山光儀所長、大阪慶應倶楽部の錢高一善会長らが出席した。
 福澤諭吉の生誕地である大阪市福島区には、その生誕を記念して「福澤諭吉誕生記念碑」が設置されている。今回贈呈されたのはその記念碑の碑文のもととなった「福澤諭吉誕生地」と書かれた原稿で、1933年から47年まで塾長であった小泉信三直筆の書だ。この度大阪慶應倶楽部で原稿が見つかり、義塾に贈呈される運びとなった。
 贈呈式では、大阪慶應倶楽部の錢高会長から清家塾長へと原稿が手渡された後、清家塾長と錢高会長らとの談話の時がもたれた。
 原稿は今後、福澤諭吉研究のための重要な資料として、福澤研究センターに保管される。

関連記事

  1. ピアサポートシステムを展開 教養研究センター
  2. 第24回慶應医学賞 岸本、クレバース両博士が受賞
  3. SFCで20周年記念式典 今後の方向性を模索
  4. 全塾協議会 「塾生代表」新設の規約改正へ
  5. 【CNN】今年も環境週間実施 3大学合同で取り組みに着手
  6. 矢上で大規模遺跡発見 竪穴式住居60軒以上見つかる
  7. 東急線 終電繰り下げ
  8. 秋の夜長を彩る音楽
PAGE TOP