企業と広告商品開発 体感型の「テノヒラアド」 KMD

慶大大学院メディアデザイン研究科デジタルライフプロジェクトは、株式会社博報堂DYメディアパートナーズおよび株式会社アイ・エム・ジェイと共同で拡張現実感技術(AR=Augmented Reality)を利用した広告商品「テノヒラアド」を開発した。
「テノヒラアド」は、広告に記載された特定のマーク(マーカー)をパソコンにつながれたウェブカメラで撮影することにより、見る人の掌上で動く立体的な映像がAR技術によって生成される仕組み。ARとは、実世界上の人や物体に対して、コンピュータを用いて生成されたバーチャルな情報を付加提示する技術の総称をいう。
この開発により、動画や長時間にわたる情報など、グラフィック表現だけでは伝えきれない情報を生活者に体験型コミュニケーションとして提供することができる。
メーカーの新商品発売日に併せ新聞広告と連動させて、あたかも手に取っているように新商品の実物大を体感させたり、商品のブランド観と連動したエンターテインメントコンテンツを提供したりするなどの活用を想定しているという。