特集

ミニシアターを「おもしろい映画館」へ ユーロスペース支配人 北條誠人さん

ミニシアターを守るために

ユーロスペースの外観(写真=提供)

ミニシアター文化を守るために必要なことは何だろうか。北條さんは「いろいろな文化に接することのできる社会」だと考える。
北條さんは「それぞれのミニシアターには、目には見えない『委員会』、指名されていない『コミッティ』のようなものがあるように思えます。そのメンバーが、ミニシアターについて考えて、助けてくれて、なにかと頼りになる。あるいはそのミニシアターの精神的な柱になってくれている」とミニシアターと観客の関係を分析する。

 

ミニシアターの未来

最後に、ミニシアターの未来に思いをはせる。「文化的なバックボーンを持つミニシアターが『おもしろい映画館』として、したたかに、しなやかに生き残ってくれる時代に、コロナ後もなってくれればいいですが、楽観すぎるでしょうか」

 

(津覇瑠華)

1

2

関連記事

  1. 【特集 学生と新聞のこれから】論説
  2. 振り返る 慶應の1年間
  3. 【特集】慶大出身の社会起業家~コトバノアトリエ代表理事 山本 繁…
  4. 【次世代の就職活動を考える】サイバーエージェント
  5. 《学問の魅力を聞いてきた》文学部 井上逸兵教授
  6. 《受験生応援特集》湯島天満宮で祈る人々―参拝客のそれぞれの想いと…
  7. 【受験生応援特集】スタイルに合った通学とは
  8. 《塾生が見る平昌オリンピック》スキー部アルペン主将 小林優里さん…







PAGE TOP