《MITASAI REPORT-2019》SHAMGOD 「魅せる」だけではないフリースタイルバスケットボール

派手で、奇抜なダンスパフォーマンスが見たい!

そんな方に是非とも筆者が紹介したいダンスサークルがある。フリースタイルバスケットボールサークル「SHAMGOD」だ。

 

 

フリースタイルバスケットボールとは、ストリートバスケットボールに由来したハンドリング技術で、ボールを自在に操りお客さんを楽しませるパフォーマンスカルチャーであり、驚くべきことにSHAMGODが生みの親である。

SHAMGODはLittle Glee Monsterのミュージックビデオやテレビ朝日のミュージックステーションに出演するなど「バスケダンサー」として世間から大きな注目を集めている。ボールを身体の一部のように扱う驚きの連続のパフォーマンスで瞬きをする隙も与えない。バスケットボールを巧みに操り、部員の大部分が大学からダンスを始めたとは思えないキレのあるダンスで観客を魅了する。

 

 

今年で10周年を迎えるSHAMGODは黄色い声援を浴びて今宵も三田祭の舞台に立つ。

「10周年ということで気合はいつもより入っている。歴代様々なパフォーマンスがあったが、皆様の支えでここまで来られた。感謝しかない」とSHAMGOD代表のKENさんは語る。

「曲や構成、振りはもちろんのこと、もう一つこだわっているポイントがある。それは衣装だ」という。真っ赤で派手なもの、黒づくめでカッコよさを強調したものなど、曲によって服装には意匠を凝らしているのだという。どうしてもその派手さからダンスに目が行きがちだが、衣装に込められた意味を考えながらショーを観るのもよいだろう。

 

 

SHAMGODは「魅せる」だけではない。バスケットボールを観客へ転がすパフォーマンスを行うが、これは観客がダンサーに返すことで「コミュニケーション」を成立させているのだという。「LINEのようなものです。返さなかったら既読無視ですよ」と笑いながら説明する。観客参加型のパフォーマンスを行うのもSHAMGODの魅力だ。

 

11月23日13:20から演舞場にて、24日17:00からメインステージにてステージ公演が行われる。一曲終わるたびに地響きのような熱い歓声が上がるのもここだけだろう。11月末で気温も低い中、新たなダンスジャンルを生み出したSHAMGODの熱気のこもったダンスを見て寒さを吹き飛ばしに行くのもいいかもしれない。

 

(水口侑)