報道

受験生向けアプリを公開 情報提供やキャンパス案内が目的

慶大に入学を希望する受験生に向けたアプリケーション「慶應義塾大学 受験生向けアプリ」が昨年11月に公開された。今月7日の時点で、2400程度のダウンロード数を記録している。

コンセプトは、慶應に関する情報提供とキャンパスツアーだ。受験生が参加できるイベントや、義塾に関する豆知識、入試情報などの情報を配信する。また、各キャンパスの地図上に、建物などの情報を表示し、個人的なキャンパス見学の手助けとなる。現在、三田、日吉、SFCの三つのキャンパスが対応している。

矢上、信濃町、芝共立、を含む各キャンパスへの道案内機能もある。東京に慣れない地方からの受験生への配慮だ。

アプリの製作にあたっては、使いやすさと必要な情報、楽しい情報の提供を意識した。開発は、高校生や若手の職員の意見などが参考にされ、受験生や高校生が慶應をより身近に感じてもらえるようなアプリを目指している。

今後は、スタンプラリーなどの機能も追加されていく予定。ダウンロードは誰でも可能で、義塾はダウンロード数のさらなる増加を目指している。

関連記事

  1. 経営管理研究科 仏エセックと協定締結~両校の学位同時取得可能に
  2. 小野寺氏が塾生と討論 日本の外交戦略を考える
  3. サイエンスカフェ開催 クマムシの生態を語る
  4. 東工大との副専攻制度始まる
  5. 日吉で中国映画を上映  インディペンデント映画の特徴話す
  6. アラブ留学生と交流
  7. 英語ドラマ公演『BLITHE SPIRIT』
  8. 欧州議会議長が講演 ~塾生と積極的な交流
PAGE TOP