六大学秋季リーグ エース白村、不調続く

拙攻響き大敗 攻守かみ合わず

秋季リーグ開幕戦となった立大第1戦は立大打線の勢いを止められないまま、9―1で大敗した。

慶大先発はエース白村(商4)。不本意な結果に終わった春季リーグからの巻き返しを狙いたかったが、2回に2死満塁から立大1番小尾の適時打でいきなり2点を先制される。

その裏、慶大は2死から白村、手銭(環4)の連打で好機を演出すると主将堀野(理4)の左前適時打ですかさず1点を返す。

しかし以降は立大ペースで試合が進む。3回に白村の暴投で追加点を許すと、4回には小尾にこの試合2本目の適時打を浴びたところで白村は降板してしまう。この後に登板したリリーフ陣も立大に傾いた流れを引き戻すことはできず、全体で13安打9失点を許す。

慶大打線は立大先発の澤田圭を相手に毎回のように走者を出しながらも、あと1本が出ず。10安打を放ちながらも、わずか1得点の拙攻が響き、9―1で開幕戦を落とした。

先発白村は4回途中7安打5失点と春季リーグに続き、またも先発の役割を果たすことができなかった。唯一投手陣で好材料だったのがこの日リーグ戦デビューの佐伯(商3)。左のサイドスローという変則的なフォームで打者を翻弄し、2回2安打無失点の好リリーフを見せた。

堀野主将は試合後、「ディフェンス面でピッチャーを中心に勝つ野球を目指したが、それができなかった」と自分たちの野球ができなかったことを悔やんだ。(上井颯斗)