報道

総・環のAO入試 21年度入試から制約緩和へ

総合政策学部と環境情報学部は、2021年度のAO入試から、出願資格・入学時期の制約を緩和し、グローバルな制度へ前進すると発表した。

具体的には、入試を年4回実施し、いつでも応募することが可能になるほか、入学時期を1年以内の4月にするか9月にするかを、入学者が自由に選択することができるようになる。

制度緩和によって、海外の高校や国内のインターナショナルスクールに通う学生が受験しやすくなる。また、学部卒業後の海外大学院への進学にも柔軟に対応できるようになる。

学部は、より自由で開かれた入試が、学生の可能性を広げることに期待している。

関連記事

  1. クァルテット・エクセルシオが演奏 大澤壽人の楽曲甦る
  2. 全塾協議会自治会費問題 具体的な解決策見つからず
  3. 日吉三大工事 本格始動へ 記念館は20年、相鉄直通線は22年度完…
  4. 《塾生代表選挙2019》 候補者討論会 リポート
  5. 20年度慶大生、就職者・進学者割合に変化 多様化する進路と塾生へ…
  6. 17年度慶大生就職結果 就職率は高い水準を維持 サービス業上昇
  7. 川崎市と連携協定
  8. 言語学コロキアム 言語の誕生を考える







PAGE TOP