報道

映画 ハゲタカ 試写会

5月19日、日吉キャンパス協生館藤原洋記念ホールで、経営会計研究会主催の「映画『ハゲタカ』試写会&トークイベント」が開催され、500人以上の塾生が参加した。

本作は、2007年NHKで放送されていた土曜ドラマの映画化として実現した話題作。試写会の後には、塾生5人と監督の大友啓史氏、プロデューサの訓覇圭氏、経済監修の森生明氏、櫻川昌哉教授らによるトークイベントが行われた。

イベントの司会は高橋健太さん(経4)が務めた。塾生の側からは、映画の感想や日本経済の今についての意見が発表された。森生氏は、「エリートの立場に立つならば、恵まれない人を救うためにリスクを負うことが必要。戦う姿勢を見せてほしい」と塾生にエールを送った。

関連記事

  1. アジア、いまだ途上国 日本、高齢化を変革の機に
  2. 義塾赤字269億円 有価証券の評価損響く
  3. 経営管理研究科 仏エセックと協定締結~両校の学位同時取得可能に
  4. ナノ・マイクロ共同研究拠点設立 慶大など4大学連携
  5. 定年退職の教員~38名発表される
  6. 知りたい、性的同意。慶大生の『性的同意ハンドブック』 ~学生が発…
  7. 定年退職の教員 37名発表される
  8. 新たなフラワーギフトを提案 WEBサービス「bouquet」







PAGE TOP