【六大学野球】投打が噛み合い星を五分に戻す

慶大は山口(環4)の2本の本塁打を含む7得点を挙げ、投げても小原大(環4)の6回1失点の好投で投打がガッチリ噛み合い法大に快勝。1勝1敗のタイに戻した。

何としても今日勝って星を五分に戻しておきたい慶大の先発は小原。序盤3回を0に抑え上々の立ち上がりをみせる。しかし4回味方のエラーとヒット、四球で無死満塁と最大のピンチを招き犠飛で大事な先制点を奪われる。法大に流れが行きかけるも大久保監督が「嫌な流れを止めた大きなプレーだった」と絶賛した岩見(総3)のホームへの好返球で最少失点で切り抜けた。

1点を追う4回裏の攻撃、先頭の山本瑛(商4)がピッチャー強襲の内野安打で出塁すると、続く山口が高めの直球を捉えライトへ2点本塁打を放ち、逆転に成功する。

6回、1死3塁とすると柳町(商1)のセンター前に適時打で1点を追加し、7回には岩見のライト前タイムリー、山口の今日2本目となる3点本塁打で4点を奪い、法大を大きく突き放した。

2試合目の投手陣が3投手の継投で1失点と昨季からの課題克服に向け明るい兆しとなった。特に先発の小原はランナーを出すも要所を締め6回1失点。小原は試合途中のアクシデントによりマウンドを髙橋佑(環1)に譲るも髙橋、菊池(政2)のリレーで法大を1失点に抑えた。

試合後昨日とうって変わってナインの表情は晴れやかだった。

2点本塁打5打点と連日に渡る大活躍を見せた山口は「ホームランを打った2打席とも監督の助言があって、監督のアドバイス通りにしたら結果が出ました。明日も打撃陣が投手をしっかり援護していきたい」と次戦への抱負を語った。

先発の小原は「今日は長いイニングを投げようとしたので、変化球を低めに集めようと心がけました。4年でベンチに入っている投手は僕と加藤拓(政4)しかいないので、ベンチ外の人たちの想いを背負って、自分たちのプレーで恩返ししたいと思っています」と仲間への想いを口にした。

大久保監督も「昨日の負けから1日で立ち直るのは難しかったが選手がよくやってくれた。今日の試合は小原に尽きる。良く1点で凌いでくれた。彼は春季に不完全燃焼で終わってしまったと感じ、このまま大学での野球を終わらせたくないという気迫を感じる」と好投小原を労った。

(世古宗大士、小宮山裕子)