【六大学野球】序盤のリード守れず、法大に黒星スタート

慶大は序盤から小刻みに得点を挙げ試合を優位に進めるも、不味い守備からリズムを崩し、最大4点差あったリードを守りきれず優勝に向け痛いサヨナラ負けを喫した。

慶大は鬼門の明大戦でリーグ屈指の柳、星の前に屈辱的な2試合連続完封負けで勝ち点を逃した。リーグ戦第5週で対戦する法大は前節で慶大と同様、明大から勝ち点を奪え無かったものの、慶大が1点も取れなかった好投手星から4得点を奪った打線は決して侮ることが出来ない。

慶大の先発はプロ注目の加藤拓(政4)、法大は菅野。両右腕の投げ合いでゲームが始まった。試合が動いたのは2回。ヒットで出たランナーを犠打と内野ゴロで3塁に進め7番倉田(法3)のサードへの内野安打で先制する。その後も山口(環4)のセンターバックスクリーンに飛び込む本塁打などで小刻みに得点を重ね、中盤の5回までに4点をリードし試合の主導権を握る。投げては、先発の加藤が初回のエラーと四球で作った1、2塁のピンチを凌ぐと5回2アウトまで法大打線を無安打に抑え、付け入る隙を与えない。

しかし6回以降慶大打線は、チャンスを作るも内沢、三浦、熊谷の3投手による継投でかわされ、ダメ押し点を挙げることが出来なかった。一方、法大打線は中盤まで手を焼いていた加藤のストレートを徐々に捉え始める。6回裏、2本のヒットに郡司(環1)の悪送球で1点を返されると、6番中山に2点本塁打を打たれ1点差に。8回には1死3塁のピンチを招くと、6番中山の完全に打ち取った当たりをレフト河合がまさかの落球。終盤に同点に追いつかれ試合は完全に法大ペースに。9回裏のマウンドにも上がった加藤は先頭打者にヒットを浴び、得点圏までランナーを進められる。先発加藤は今まで幾度も慶大の窮地を救ってきたが、3番柴田に前進守備のレフトの横を抜く打球を運ばれ、サヨナラ負け。優勝の望みを繋ぐためにも1試合も落とさず勝ち点を挙げておきたかった慶大にとって痛い黒星となった。

試合後大久保監督は「残念な結果ではあるが選手は頑張ってくれた。加藤は初回から飛ばして、いい投球をしてくれていたが途中味方のミスもあり崩れてしまった。ただ加藤は自分が投げる試合で勝たなければという意識が強いと思うし、相当な重圧をかけてしまっている」と春季から慶應投手陣を支えるエースを気遣った。

控室に戻る多くの選手の表情もいつになく厳しかったが、一時法政に3点差をつける本塁打を放った山口は「調子が悪い時、大久保監督に指導して頂いたことがやっと身についてきた。現状は厳しいけどみんなで1勝ずつ積み重ねていきたい」と前を向いた。

陸の王者はこのままで終われない。

(香西朋貴、川津徹朗)