東急東横線、副都心線と来春から直通化へ

塾生の多くが日々利用する東急東横線が2013年3月16日から東京メトロ副都心線と相互直通運転を始める。

直通運転によって新宿や池袋といった副都心地区だけでなく、東武東上線や西武池袋線を経由して埼玉県の所沢や川越まで東横沿線から乗り換えなしで行けることが可能になり、通勤・通学が便利になる。

既存の渋谷駅ホームは解体

また直通運転に伴い、現在地上にある東横線の渋谷駅が現在の副都心線の地下ホームに移るため、他線との乗り換え時間に大きな変化が起きる。例えば銀座線、京王井の頭線に関しては乗り換えがかなり不便になると見込まれる。また、東横線の特急・通勤特急・急行の車両が現在の8両編成から10両編成になることで輸送能力も高くなる。

「西武線や東武線沿線には多くの観光地もあるので、友達同士やサークルで電車に乗って遊びに行ってみてはどうか」と東急電鉄広報部の栁澤成行さんは直通運転をきっかけに電車を利用しての遠出を勧めてくれた。

現在は渋谷で集まる塾生が目立つが、これからは新宿、池袋にも行きやすくなることで塾生たちの活動領域にも大きな変化が起こるのではないだろうか。     (小林知弘)