書評

  1. 《読書のすゝめ》SHOE DOG 靴にすべてを。 フィル・ナイト著

    ビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェットなどトップ経営者が絶賛する本がある。「SHOE DOG」だ。NIKEの共同創業者フィル・ナイトが創業から上場までの自身の半生を書いた自伝である。一言で言えば、ダイナミックで波瀾万丈な人生だ。それでいてスト…

  2. 《読書のすゝめ》ファッションで社会学する 藤田結子、成実弘至 、辻泉

    「ファッション」という言葉は元々「流行」を意味する。20世紀初頭、社会学者ジンメルは「流行」という題…

  3. 《読書のすゝめ》海猫宿舎 長野まゆみ

    「妙」ということばがある。「造化の妙」なんて具合に、「とても良い」という意味で使われる。今回紹介する…

  4. 《日吉図書館×塾生新聞 読書のすゝめ》ドラコニア綺譚集 澁澤龍彦

    本書はフランス文学者・文筆家の澁澤龍彦が50代半ばに著した物語風のエッセー集である。「綺譚」とは永井…

  5. 教授が薦める塾生に読んでほしい「この1冊」『母よ!殺すな』横塚晃一著 生活書院 文学部社会学専攻 岡原正幸教授

    1975年にすずさわ書店より出版された本書が生活書院より増補されて復刊された。「脳性マヒとし…

  6. 学生時代の必読書を教授が指南~法務研究科教授 伊東 研祐君

  7. 【学生時代の必読書を教授が指南】体育研究所准教授  吉田 泰将君

  8. 【学生時代の必読書を教授が指南】文学部教授 浜日出夫 君

  9. 【学生時代の必読書を教授が指南】環境情報学部講師 兼若逸之君

  10. 【学生時代の必読書を教授が指南 】経済学部教授 須田 伸一君

PAGE TOP