2016年 2月

  1. 【書評】『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

    こんなに泣かされた恋愛小説がかつてあっただろうか。七月隆文『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(宝島社文庫)は、「好き」という気持ちがどれだけ大切で、はかないものかを教えてくれる恋愛小説だ。京都を舞台に、一組の男女の純粋で不器用な…

  2. 【記者の眼】慶應にスポーツ推薦がないってホント?

    2月といえば受験シーズンだが、全ての入学者がこの試験を受けるわけではない。慶大を例に出すと各一貫教育…

  3. 学生×起業 若者が社会に与えるインパクト

    大学生起業家。いわゆる「意識の高い」、遠い世界にいる人種ではない。塾生の中にも、起業で成功している人…

  4. SFCに新たな研究施設 「滞在」で築く信頼

    SFCから、新たな学びの形が生まれようとしている。今春から試験的な運用が始まる滞在型教育研究施設『未…

  5. 【時事解説】夫婦別姓の是非 氏のあり方を問う

    昨年の12月16日、最高裁大法廷は重大な判決を下した。「夫婦は同姓でなければならない」と規定した民法…

  6. 履修、もう決めた? 解読する楽しみ 古代言語の世界

  7. 孤食や貧困を救え 子ども食堂

  8. トランポリン 棟朝銀河選手 五輪内定インタビュー

  9. 【走り続ける塾生】藤原直人さん (法4)

  10. 【論説 2016年2月号】 ユートピアへの道 情報化社会私観

PAGE TOP