報道

SFC生 ディベート世界大会制す~日本人初、最年少で

 昨年の12月27日から1月4日にかけて行われた、タイのアサンプション大学が主催するディベート大学対抗世界大会において、慶應義塾大学のディベートサークル慶応塾生討論会(Keio Debate Squad)所属の宮一佑衣さん(総2)酒匂容子さん(環2)が日本人初、最年少優勝を果たした。

 この大会には世界各国から約180大学、1200人ほどのディベーターとジャッジが出場。優勝した2人は慶應大学Aチームとして出場し、EFL(English as foreign language)の枠で9試合、3日間にわたる予選を1位通過。本選でも、海外のディベーターを抑え優勝を果たし、地元メディアにも大きく取り上げられた。

 宮一佑衣さんは「日本人初の快挙であるEFL優勝という結果を手に出来て本当に誇りに思う。次のステップとしてESL(English as Second Language)の枠での優勝を目指し、日本のディベート界をさらに盛り上げていきたい」と語った。

関連記事

  1. 収支予算大幅に改善 震災の影響で先行き見えず
  2. パリ政治学院と協定締結 ダブルディグリー・プログラム
  3. 2015年度 慶大生就職結果
  4. 20年度慶大生、就職者・進学者割合に変化 多様化する進路と塾生へ…
  5. 天の河にぶたのしっぽ らせん構造の分子雲発見
  6. 祝勝会に3000人集う
  7. ブータン国王に名誉博士号
  8. 慶大サークル 日本の伝統文化を紹介







PAGE TOP